龍のほこら 6/22,7/1~7/2 拍手・コメントお返事&お知らせ 忍者ブログ

龍のほこら

図書館戦争の二次創作を置いている場所になります。 二次創作、同人などの言葉に嫌悪を覚える方はご遠慮ください。

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは!
本日はコメントのお返事と併せてお知らせを2点ほど。

まず1つ目のお知らせは、先日公開した『Love Letter』なのですが、こちらを元ネタ先であるYu-Riy様が読んで下さいまして元ネタになっている『プロポーズの続き-Side 郁-』の続編に当たる『プロポーズの続き~その後~-Side 堂上-』の少し後の話を書いて下さいました!!ヾ>w<ノ゛ひゃっふー!!

と、言うことで宣伝してしまいます・・・うふふ*´艸`*
凄く甘くて素敵なお話でしたので、ぜひぜひ読みに行ってくださいませ♪
Yu-Riy様の読み切り新作へ


2つ目のお知らせは、10月に開催されるイベントに図書戦でつながった友人たちとサークル参加をすることが確定いたしました。
現時点ではアンソロジーに描き下ろしで参加させて頂く予定をしておりまして、他の予定は何も決まっておりません^^;
近々ひっそりとアンソロジーサークル用のブログへリンクをするかもしれませんので、またその際はこっそりのぞいてみてくださいませ。


※ 次のキリバンは【100000】です ※
大台記念にここに書いてみます(笑)いつもは左上のカウンター部分に記載しております。
リクエストはひっそりと受け付けておりますので、踏んだ方は宜しければリクエスト頂ければと思います。


お知らせは以上です。
それでは、コメントを下さった方でお返事を読まれる方は「つづきはこちら」よりご覧くださいませ。

拍手[1回]





6月22日分
▽図書戦異聞 1話内、拍手コメントにて
>haru様
こんばんは、コメントありがとうございます!
お返事が大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
始まりの予感、感じて頂けて嬉しいです。
きわめて原則沿いに進みますので何とも言えませんが出来る限り矛盾なく違和感なく進められるように頑張ります。
どうぞよろしくお付き合いくださいませ。


7月1日分
▽はつこい A-7話内、拍手コメントにて
>むつはる様
こんばんは、コメントありがとうございます!
最終話までお付き合い頂いた上に労いの言葉まで、ありがとうございます!
篤Side最終話は途中が難産になってしまって予定より大幅に遅れてしまい申し訳ありませんでした。
原作らしい2人を、けれど高校生らしい2人を、特に篤はイロコイに興味のなかった男の子という位置づけで書いてきましたので頂いた感想はとても嬉しかったです。
たのしんで頂けたならそれだけで十分です。今後書いていく上ではつこいと同等、またはしのぐ作品が書けるかは判りませんが精進していきますので気長にお付き合い頂けますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

>まりん様
こんばんは、コメントありがとうございます!
すみません、しょっぱなのコメントから吹いてしまいました(笑)
きっと篤編を読まれた方全員が1度は思っているんだろうなと思われる感想ですが、ある意味それが狙いでもありますので大満足です。
これ以前も結局は郁一筋だったんですが(無自覚にw)今後はよりいっそう郁一筋だと思います。
読んでくださってありがとうございました。

>モールド様
こんばんは、コメントありがとうございます!
完結への祝辞ありがとうございます。お待たせしてしまって申し訳ありませんでした。
今のところ番外編の予定はないのですが、一度落ち着いて別作品に取り組んでから考えてみたいと思います。
はつこいは私の中では一応の終わりを見せましたので(苦笑)
ご支援ありがとうございました。よろしければ今後ものんびりとお付き合い頂ければと思います。


▽はつこい A-7話内、コメントにて
>ママ様
こんばんは、コメントありがとうございます!
まずは完結に対する労いのお言葉ありがとうございます!
そうですね、タイミングが悪かったことと自覚が多少足りなかったことと(篤の場合は凄くですが/苦笑)色々な要因が重なった結果な感じです。
篤が部が悪いですが、この年頃はやはり女性の方が成熟度が高いので微妙な路線でもあるかなと私自信は思っております。
まぁ、それでも聞かれてしまうような場所でアノ言葉はいただけませんのでその部分のマイナスは大きいですが。
郁が純粋でまっすぐに思い続けたから最終的にこの結末が出来たというのは本当に篤にとって幸運ですよね。
ええ、言葉足らずは自覚させました(笑)
大兄をいかに適齢期までに攻略しておけるかが壁難易度を決める大きな鍵なのは間違いないですね。
古賀は自分の罪悪を軽減するために郁に縋ろうとしましたが、それで終われるかは微妙なところですよね。
柴崎との対立に関しては・・・きっと半分は郁は気づかない気もしますがそれはそれで楽しいと思います(笑)
先に進むには篤に今回以上の努力と我慢と変化が要求される気がします。忍耐ですね(笑)


7月2日分
▽はつこい A-7話内、拍手コメントにて
>文鳥様
こんにちは、コメントありがとうございます!
どきどきハラハラして頂けたでしょうか?篤編はイロコイに興味のなかった少年がイロコイに目覚めるまで、のようなテーマを元に書き進めておりましたが、郁ちゃんのたびたびの無防備爆弾でよそに走りそうで怖かったというのはここだけのお話(笑)
そうですね、郁ちゃんと相いれない人もたくさんいるとは思いますが、逆に彼女との出会いが転機という人もたくさんいるだろうなと思います。
同じ道を歩いていってくれると信じての結末でした、気に入って頂けて良かったです。
労いのお言葉ありがとうございました!

>ななさと様
こんばんは、コメントありがとうございます。
お忙しいのは少しは落ち着かれましたでしょうか?
連載完了に対する労いのお言葉ありがとうございます。少しでも楽しんで頂けたならとても嬉しいです^^


▽はつこい A-7話内、コメントにて
>skyokos様
こんばんは、コメントありがとうございます。
完結についての労いありがとうございました!
Side郁では郁の心情をメインに記載したので皆さんに篤ー!と叫ばれる結果になったのでSide篤では篤の内情を細かく対比させてと思い書かせて頂きました。
この時間があればこその2人であって欲しいと思っていますので、頂いた感想はとても嬉しかったです。
こちらこそ最後までお付き合い頂いてありがとうございました。
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

こっそりキリバンリクエストに挑戦
次回キリバン:222222
キリバンを踏まれたらこちらへ
踏んだ方が見当たらない場合はそのキリバンはスルーします。

現在の閲覧者数:

プロフィール

HN:龍春(りゅうしゅん)
LINK:Pixiv My Page
職業:サボり癖のある事務員
趣味:読書・昼寝・ネットサーフィン
一言:
実写映画から図書戦に完全に嵌りました。暢気で妄想大好きな構ってちゃんですのでお暇な方はコメント等頂けると幸い。

★ 別ジャンルのHP&ブログあり
HP:the vernal sunshine
BLOG:the vernal sunshine
取扱1:最/遊/記(夢・BLCP小説)
取扱2:テニス(夢・BLCP小説)
取扱3:オリジナル(NLCP小説)

アンケート

合同誌について記事の方でアンケートしております。 よろしければご協力くださいませ。

Twitter

フォローはご自由に!リプ頂けるとリフォローさせて頂くかもです!!

素敵サイト様

公開終了&閉鎖されたサイト様
one titles
(2014年11月末日 公開終了)
カミツレとともに(Yu-Riy様)閉鎖
ジュエル☆ボックス(みっちー様)閉鎖
お疲れ様でした!

メールフォーム

コメントでは言いづらいことなど御用があればこちらにどうぞ。
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 龍のほこら --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]